人は見た目で9割決まる

1 7月

初対面の人の印象は何で決まるのか?その人の話し声や話す内容、立ち振る舞い・・・。そんなことより、どんな顔立ちをしてるか、髪型は、服装は・・・。 人間は9割を見た目で判断する生き物らしい。

ウェブサイトの場合では、掲載されている細かな説明などの内容より、写真の印象が非常に強く印象に残る。それなのに、写真をあまりにも軽視しているケースが驚くほど多い。

写真の使い方の悪い例をここで挙げるときりがないのでやめます。良い写真を持っているのに使わないのは論外として、あまり良い写真がない場合にどうしたらいいのか、というポイントでまとめてみます。

【撮影をどうするか】

プロのカメラマンに依頼すると、1カット1万円程度は予算として見た方がいい。ある程度まとまった点数が必要だと、最低10万~20万くらいはかかると考えた方がいいです。予算がない、となると自分で撮影するしかありませんが、料理写真だけはプロにまかせた方がいい。せっかくのおいしい料理も、素人ではほぼ90%おいしそうに撮れません。

【カメラを買いましょう】

自分で撮影するなら、新しくカメラを買いましょう。ホテル旅館の場合、室内撮影が多くなります。とくに客室などは、広角レンズでないとまともには撮れません。高価な一眼である必要はないのですが、レンズのことを考えると、結果的に一眼デジタルの選択になります。でも今や5万円出せばかなり良いカメラが手に入ります。

【画像処理をできるようになりましょう】

せっかく良い写真を手に入れても、簡単なデジタル加工ができなければ意味がありません。トリミングやサイズ変更は基本中の基本。自分で撮った場合は、デジタルならではの、かなりの修正が効きます。露出などの失敗写真も、ネット掲載に耐えられる程度なら、何とかなります。フォトショップなどの重くて複雑なソフトではなく、簡単なソフトをひとつ入手して使い方を頑張って覚えましょう。

とてもここまでは無理、という方は、プロにお願いしてください。多少のお金を払ってでも、写真に手を抜いては、ほかでいくら頑張っても、絶対にネット集客で成果を上げることはできません。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)