日本の宿泊施設を元気にします
プライムネットの運用代行サービス

宿泊施設は深刻な人手不足

日本の人口は2008年をピークに減少の一途をたどっています。
少子高齢化と共に生産年齢人口も減少。
すなわち労働力人口が減少して、人手不足の問題を招いています。

なかでも宿泊業界は訪日外国人の増加などを背景にホテル建設ラッシュが続いており、雇用者数は増加傾向。これにより、採用をしたくてもできない状況を招き、最悪は人手不足倒産につながる場合もあります。

ネット担当者の人材不足

宿泊予約サイトの運用を担当する社員が急に退職することに。
すぐに採用に向けて動きだすが・・・

  • 募集をかけても応募がない
  • 採用できたが、育成に時間がかかる
  • 派遣会社に相談したが、経験人材がいない

このような人材不足でお困りの宿泊施設が急増しています。

人手不足のお悩み、
プライムネットにお任せください!

ネット担当者の人材不足は、
アウトソーシングで解決!

アウトソーシングとは?

企業が従来は組織内部で行っていた自社の業務を外部の専門業者などに委託すること。
定型的でかつ外部専門家に任せた方が低コストで高品質を維持できる業務に応用されています。

アウトソーシングのメリット

自社で必要な人材を採用・育成する場合に比べ、短期間かつ低コストで済むため、経営資源を有効活用できます。
社員の退職リスクを軽減できる点や、組織をスリム化できる点も注目されています。

  1. ホーム
ページの先頭へ